星を探して

大切な人との楽しく幸せな日々、5羽の愛するオカメインコ、大好きなコスメなどについて綴ってます。詩も載せていましたが現在は書いていません。

お墓参りの意味

じゃっかんブログに飽きてきました。(笑)

詩も最近はあまり書きたいと思うことがなく。(書きたいことはあるんだけどね)

とりあえず今回はオカメインコたちの写真を載せたいと思います。

f:id:birdcrown:20181120084612j:plain

↑2月23日撮影のせなとれんげです(o^^o)

f:id:birdcrown:20181120084628j:plain

↑同じく2月23日撮影。

ましろをカキカキしてるとれんげも気になって近寄ってきます(笑)

f:id:birdcrown:20181120084703j:plain

↑そしてれんげも「カキカキして~」と甘えてくるのでダブルでカキカキしてあげますが難しいw

f:id:birdcrown:20181120084722j:plain

↑両手を使ってそれぞれをカキカキしてあげることもありますが、この時は写真を撮りたかったので片手で2羽をカキカキして片手にデジカメです。(笑)

せなはまったくカキカキさせてくれません。

そもそもまったく懐いてない子なのです。

f:id:birdcrown:20181120084748j:plain

↑れんげやましろをカキカキしてると一応その様子を見てるせなぴょんですが、れんげみたいに自分もカキカキしてほしい~っていう興味をまったく持ちません…。

放鳥後、鳥かごに戻ってほしい時に手に乗ってくれるくらいで自ら人間に寄ってくることがない手乗りのオカメインコとしてはめずらしい性格の子です(´・_・`)

f:id:birdcrown:20181120084810j:plain

↑去年10月25日に撮影のましろです(*'ω'*)

f:id:birdcrown:20181120084829j:plain

↑同じく去年10月25日に撮影のせなぴょん。

大切な人と出逢ってからほんとうに毎日が幸せでいっぱいなのですが、ほんとうに今までの人たちとはぜんぜん違うなぁと感じることがたくさんあります。

その中の1つは、わたしの母のお墓参りに一緒に行ってくれたことです。

母が亡くなって今年で15年目なのですが(来月が命日です)、その間、何人かの人とお付き合いしてきたわけですが、誰も一緒に行ってくれたことはなかったです。

わたしから「一緒に行ってほしい」と言って行くのは違うと思ってきましたし。

でも今の彼は当たり前のように「行こう」と言ってくれました。

それが言葉だけでは表わせないくらいわたしの中でうれしくて大きなことでした。

相手にとっては生きている時に会ったこともない人ですが、わたしにとっては亡くなってから何年経っても大切に想ってる人(母)なので、そこに寄り添ってくれる気持ちがとてもうれしいのですよね。

しかも今までに2回一緒に行ってくれてます。(彼とお付き合い始めたのは去年12月です)

そういうわたしもお墓参りにはあまり意味がないと思ってました。

お墓に母はいないからと。 けど、今の彼が教えてくれました。

お墓参りは「会いに来たよ」っていう"合図”になるんだと。

亡くなった人もお墓に会いに来てくれるんだよっていうようなことを教えてくれました。(確か)

それを聞いてわたしはお墓参りにはちゃんと意味があるんだと安心しました。

あ、しかも引っ越してから母のお墓がすごく近くなったんです。

それもうれしいです。ほんとうにいつでも行ける距離になったので。

やっぱり彼には感謝しかないです(*^^*)

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村