星を探して

大切な人との楽しく幸せな日々、5羽の愛するオカメインコ、大好きなコスメなどについて綴ってます。詩も載せていましたが現在は書いていません。

WINTER SONG

涙さえ凍らせる寒い冬が苦手だった

わたしはこの季節を生きていけるのか

毎年のように自信が無かったの

 

寒さ深まる夜に出逢ったあなたは

この心に優しく降り積もる初雪だった

陰っていた世界が

朝陽を浴びてきらきら輝く雪景色に変わったの

 

“寒いよ”って言って

わたしの首にストールを巻いてくれるから

裸だった心まであったかくなる

あなたの優しさがじんわり滲んでいく

苦手だった冬に初めてありがとうなんて思ったり

 

窓の外を飾りつける舞い散る雪を見ると

明日の朝を迎えることが楽しみになった

きらきら輝く雪景色は

目の前に広がるわたしだけの新しい世界だから

 

“寒いね”って言って

わたしの膝にブランケットをかけてくれるから

ずっと冬だったらいいのにって思うくらい

うれしくなる季節に変わったよ

あなたの優しさがこの胸に降り積もっていく

 

息も白くなる夜更けに1人凍えていた

終わりの見えない悲しみだけが引き立って

冬に埋もれてしまいそうだった

 

この胸に初めて降った雪は優しくて

今もまだ真っ白なままきらきら輝いているよ

この景色はあなたが見せてくれるの

 

あなたにストールを巻いてもらえるこの季節が好き

ずっと冬だったらいいのにって思うくらい

幸せで溢れていくのはあなたがいてくれるから

自分でも笑っちゃうくらい寒い冬が好きになったよ

 

わたしの手に触れて“冷たい”って驚いて

温めるように握りしめてくれるから

凍えていた心まで溶かしてくれたの

あなたの優しさで包まれる寒いこの季節が

ただ愛しくなっていく もう1人じゃないから

これからは何度でも冬の訪れを楽しみに待つことできるの

そうきっと待ち遠しいくらいに

 

あなたがいてくれるなら

どんなに凍えても寒いこの季節が好き

うれしい気持ちがたくさんこぼれるから

 

あなたと出逢えたこの冬に

新しい世界がそっと生まれた

それは見たこともない真っ白な雪景色のようで

もう陰りなんて知らないくらいに眩しい

 

2018.2.21