星を探して

大切な人との楽しく幸せな日々、5羽の愛するオカメインコ、大好きなコスメなどについて綴ってます。詩も載せていましたが現在は書いていません。

お彼岸に見た夢

あれからしばらく声がなかなか出せなかったですが、なんとか体調は回復しました。 病み上がりではあるものの、久しぶりに1日空いてるからと、水曜日に群馬サファリパークに連れて行ってくれました!

遠出は久しぶりだったのでそれだけでもうれしかったです(o^^o)

またサファリパークでのことは気が向いたら記事にしたいと思います。

 

今更な話になってしまうのですが、先週はお彼岸でしたね。

3月9日の記事に彼がわたしの母のお墓参りに一緒に行ってくれるの~ってことを書いたのですが、18日の彼岸の入りにまた一緒にお墓参りに行ってくれました。

彼も墓石に水をかけてくれたことがまたうれしかったです(*^^*)

んで、21日は彼が泊まりで夜いなかったのですが。

その夜というか日付が変わって22日の朝方、すごくリアルな夢を見たんです。

夢は毎日のように見るのですが、その時の夢は特別なものでした。

夢の中でわたしはお茶を入れようと、ガスコンロの前に立ってお湯を沸かしていました。 そしたらガスコンロの周りにたくさんのオカメインコたちが現われたのです。

亡くなったオカメインコたちでした。(今、生きている子たちもいましたが)

その中でも去年11月に亡くなった蛍(ほたる)という子が火の周りにいたので危ない!と思って蛍を急いで掴んで手で包みました。

そしてわたしは夢の中で気づきました。

あ、蛍たちはもう死んじゃってるのに…と。

オカメインコたちはわたしのそばにいて離れませんでした。

わたしはそれがとても悲しく、怖いとさえ感じてしまいました、、、、

f:id:birdcrown:20181120080724j:plain

↑2015年6月12日に撮影した蛍とヒナタです。

夢の中でそばに彼もいたので「ねえ、お彼岸って動物も意味あるの?」と聞きました。 彼は「そうだね」と言いました。

わたしは「わたしがこの子たちを飼ってよかったのかな?わたしに飼う資格あったのかな?」と聞きました。

そこで目が覚めてしまいました。

目が覚めてからもとてもとても悲しくて涙が溢れ出ました。

しばらく泣きました。

かわいいあの子たちに会えたのに"怖い”と感じてしまった自分にも悲しかったのです。

f:id:birdcrown:20181120080815j:plain

それまでにもよく亡くなったオカメインコたちの夢は見ることがあって、いつもは夢でも会えてうれしいな~って思うのですが、初めて"怖い”と感じてしまったことが信じられなかったです。

でも、わたしは亡くなった子たちに対して、「自分のせいで死なせてしまった」という思いが強いことを思い出しました。

お彼岸に現われたあの子たちが、悲しそうな顔をしてるように見えたんです。

あの子たちがわたしを責めてるんじゃないかと怖くなったのでしょうけど、そういう自分も嫌でした。

f:id:birdcrown:20181120080843j:plain

↑2017年6月29日に撮影した蛍です。

わたしは目が覚めてすぐにでも彼に聞かなきゃと思ったのですが、その日一緒に寝てないことに気づき、でもこのまま夢で終わらせられないと思い、朝3時半頃でしたが彼にLINEしました。

「すごく悲しい夢見ちゃった」と。

それから1時間くらい寝つけなかったのですが、なんとかまた眠っていました。

そしたら6時になる前に彼が帰ってきて(寝室に入ってきた時に気づきました)「おかえり~あれ?まだ早くない?」と不思議に思ってたらそのまま布団に入ってきてぎゅーっとしてくれました。

あ~わたしのLINE見てすぐ帰ってきてくれたんだなと気づきました。

彼はわたしが再び寝ついた頃の4時半に目が覚めたらしく、わたしからのLINEに気がつき、「あ、帰ろう」と思い5時に出発して帰ってきてくれたらしいです。

ありがとうって気持ちで胸がいっぱいになりました。。。(*´ω`*)

f:id:birdcrown:20181120080926j:plain

それで彼に夢の話をしました。

彼は「オカメちゃんたちは幸せだと思うよ。あずさがちゃんと生きて覚えている限り、オカメちゃんたちは生きていられるから」というようなことを言ってくれました。

彼はよく死というものについて「誰からも忘れられた時がほんとうの死なんだよね。生きている人が覚えてるうちは(亡くなった人も)生きてるんだよ」ということを話してくれます。 (わたしも元々同じような考えを持ってます)

f:id:birdcrown:20181120080956j:plain

↑2017年10月6日に撮影した蛍、れんげ、ましろです。

今までお彼岸というものを特に意識せず大事にも思ってなかったのですが、なぜか今回の夢は自然にお彼岸だから?と感じたのも不思議でした。

わたしの話を聞いてくれた彼も「お彼岸だからねぇ~」と言ってました。

f:id:birdcrown:20181120081020j:plain

ほんとうに彼と出逢えて、一緒にいることができてよかったな~と感じています(*´ー`*)

 

にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村