星を探して

大切な人との楽しく幸せな日々、5羽の愛するオカメインコ、大好きなコスメなどについて綴ってます。詩も載せていましたが現在は書いていません。

れんげ、再び産卵(;´∀`)

じつはれんげがまた卵を産んで抱卵中です(^_^;)

7月の始めに初産卵をして

 

birdcrown.hatenablog.jp

 1ヶ月以上、抱卵させましたが孵化の可能性はなかったので8月10日頃にやめさせたのですが…

その後もせなと一緒に繁殖をしたがり、交尾も繰り返して、部屋中、巣にできそうなところがないか探し続ける日々だったのでまた新たにダンボールの箱を巣箱として用意してあげたところ、8月30日に1個、9月3日に1個の卵を産みました。

f:id:birdcrown:20180907141548j:plain

↑2015年10月11日撮影のれんげちゃん。ティッシュをカミカミして遊んでます(*´ω`*)

 

オカメインコは1回の繁殖で4~6個産むのがふつうですが、今回、れんげは2個で打ち止めになったようです。

2個目を産んだあとはおなかも膨らんでる様子はなく元気にしています。

そしてまたせなと一緒に交代で抱卵を続けています(;´∀`)

f:id:birdcrown:20180907141932j:plain

一応、また卵にライトを当てて確認してみたら1個は血管らしきものが見えたので有精卵っぽいです。

2個目を産んだばっかりだったので、もう1個は有精卵でもまだ血管が見えなかっただけかもしれません。

もちろんただの無精卵の可能性も高いですが。

7月の時は抱卵をさぼってる時間が長い期間があったのですが、今回は本人たちも反省?したのか(笑)、今のところ特にさぼらず抱卵を続けています。

f:id:birdcrown:20180907142326j:plain

↑2018年9月1日撮影のせな。DSC-WX500で撮った写真です(∩´∀`)∩

 

なのでどうせなら雛が孵るといいなぁと思います(*´ー`*)

そのほうがれんげとせなの頑張りも報われるし、少しは繁殖行動に対しても満足するかなと…。

彼はあまり期待しないほうがいいという感じですが(笑)、もしも雛が産まれたらうちで可愛がるつもりです♡

手乗りにしたいので挿し餌もする気満々です。

f:id:birdcrown:20180907142945j:plain

↑テレビの上で羽繕いするせな。

 

正直、オカメインコは何羽でも飼いたいのが本音なのです(ノ´∀`*)

鳥かごを置く場所さえあれば何羽いてもいいと思ってしまいます。。

もちろんその分、責任も増えていきますが…

ただ彼は「4羽が飛び回っても大変でしょ?」と現在でいっぱいいっぱいなことを言ってましたw

確かにイタズラもしまくるので彼はあらゆるオカメのイタズラ対策に追われていますしね…(笑)

f:id:birdcrown:20180907143512j:plain

↑この写真は画像編集ソフト(IrfanViewです)で自動色調補正をしています。上の2枚のせなの写真は補正していません。

 

もちろん彼ももしもれんげとせなの子が産まれたらその子たちはうちで飼っていくことを考えてくれてるとは思いますが(●´ω`●)

f:id:birdcrown:20180907144938j:plain

↑2017年5月27日撮影のましろ。わたしの手に乗ってます(o^^o)

 

とは言え、子供に関してはわたしと彼も考えなければいけません(;´∀`)

作るとしたら結婚式が終わってからがいい、とは考えてますが…

その結婚式のことに関してもまだ何も決まってません。

時期としては来年の春くらいかなという感じです。

f:id:birdcrown:20180907150311j:plain

ただ、とある事情で先月、2回ほどレディースクリニックを受診したのですが、先生にわたしの年齢(33歳)から言って「子供を作るならできるだけ早いうちからがいい」と1回目も2回目も何度も何度も言われました(ノ∀`)

式をすることを考えて「作るなら来年からかなぁと…」と言ったところも「今から子作りしてもいいくらい」だと言われました(;´∀`)

やはりこの年齢になってくると欲しいと思った時になかなか授かれないというのが現実だそうです。

f:id:birdcrown:20180907150923j:plain

わたし自身は10代の頃からずーっと子供は絶対に産まないと思ってきたんです。

子供は大好きなんですが自分で産んで育てるということが考えられないというか自信がなかったのです。

けど彼と結婚することになって、子供を産むということも考えられるようになってきました。

ほんとうに大好きで大切な人の子なら産んでみたいなぁという女としての本能的なものでしょうか?(笑)

それと彼の家を考えると跡継ぎを産まなければという責務みたいなものもわたしなりに使命として感じているのもあります。

彼との結婚が現実的なものになってから芽生えましたね(^_^;)

まぁこの話はまた今度、書きたいと思います(・_・)

 

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村