星を探して

大切な人との楽しく幸せな日々、5羽の愛するオカメインコ、大好きなコスメなどについて綴ってます。詩も載せていましたが現在は書いていません。

あなたがいた窓辺

あなたは太陽がこぼした光だった
両手で受け止めた日からずっと
この部屋は日向が続いてたのに

お気に入りの窓辺で
羽ばたく時をずっと待っていたあなたは突然
夢を越えて一気に空へ飛び立ってしまった

神様 空からあの子を返してください
あまりにも早すぎるから
あの子という光を
まだこの窓辺に置いていたい

“ありがとう”まだ伝えたくない
別れを受け入れてしまうことになるから
この部屋はもう陰ってしまったよ
あなたに会いたい

神様 どうかわたしに羽をください
遠い空にあの子を迎えに行くから
でもなぜかもう会える気がしない…

揺れる木漏れ日は
あなたが微笑んでいるようで
ただ、ただ、涙がこぼれる

あなたが渡った橋に
いつかわたしも辿り着くのでしょう
その時にはもうあなたはいない
だからきっともう会えない
もう伝えられないとしても

神様 どうかあの子に
とびっきりの羽をあげてください
溢れる幸せくれたあの子を
あたたかい光で包んであげてください

できればいつかまた会いたいと
あの子に伝えてください
できればいつかまた あの子に会わせてください

あなたがいなくなった窓辺 今も木漏れ日が揺れている

 

2018.10.22


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村