星を探して

大切な人との楽しく幸せな日々、5羽の愛するオカメインコ、大好きなコスメなどについて綴ってます。詩も載せていましたが現在は書いていません。

お年頃なましろ ~水の中で~

最近、ましろが発情期に入ってます(;´∀`)

ましろは以前から発情すると変な癖があって、水入れの水の中に入ってメス特有の発情ポーズ(交尾をする時のような体勢)をしてきゅ…きゅ…きゅ…と鳴くのです。

なぜか、水の中に入って…(;・∀・)

そして最近はソファの下がお気に入りで、その近辺にほかのオカメが近づいてくると襲いかかって追い払うんです。

f:id:birdcrown:20181102140149j:plain

↑2018年10月28日撮影のましろ

いつもはみんなに弱い者扱いされてちょっといじめられるとすぐに逃げるましろが、性格が変わったかのように凶暴化してるんです(笑)

オカメインコは元々、狭いところに入り込むのが好きな性質だと思いますが、発情中は巣作りの意識がある為に余計に狭くて暗いところを好むんですよね。

ましろはソファの下が気に入ったようで、自分のナワバリにしたようです(笑)

元々、ソファの下はれんげとせながけっこう好きでよくもぐり込んでたんですよね。

なので、れんげとせなはいつものようにソファの下に近づこうとするのですが、いつの間にかましろが自分のナワバリにしたので襲いかかられるようになってしまいましたw

f:id:birdcrown:20181102140709j:plain

あまり見たことのない怖い顔をして遅いかかってくるましろに、れんげとせなもびっくりして逃げてます(笑)

翠はましろが好きなので無邪気にアジアジしながら(歌いながら)ソファの付近にいるましろに近づくことがあるのですが、翠もやっぱりましろに怒られて追い払われます(;・∀・)

ましろはどんくさい子で、ふつうに歩いててもよくコケるのですが、怖い顔でほかのオカメを走って襲いかかりに行く時も途中でコケたりしてるのが可愛くて笑ってしまいます(笑)

f:id:birdcrown:20181102141837j:plain

↑2017年8月23日撮影。ましろがれんげにカキカキしてあげてます(*´ω`*)

しかしインコの発情は命に関わることもあるので、できるだけましろの発情も抑えさせなければいけません。

水の中に入って発情ポーズをしてるのを見つけたらやめさせるようにしてます(;´∀`)

幸い、ましろは今まで発情しても無精卵を産んだことはないのは安心してます。

前にいたヒナタやルビーはよく無精卵を産んでしまっていたので。。

そしてこれは前からなのですが、ましろとせながたまに怪しいことがあるのです。

じつはせな、抱卵中でれんげが巣箱にいる時に、ましろに求愛して交尾しようとしたことが何回かあるのです(-_-;)

f:id:birdcrown:20181102142603j:plain

オカメインコは一夫一妻制で一生、パートナーを変えないことがふつうだと思うのですが、ましろにも手を出そうとしたせな、浮気者です( ´Д`)

たまにせながましろに求愛ソングを歌ってるのをれんげが見つけて、れんげがキレて止めに入ることもあります(笑)

しかもなぜかれんげは旦那(せな)じゃなく、ましろにブチ切れます…(;´∀`)

その時のれんげも大声で抗議して攻撃にいくのがすごいです、、、

れんげとましろは元々、上の写真のように仲の良い姉妹のような関係だったのに、れんげとせながペアになってから、友情は壊れました…。(笑)

(べつにましろはせなが好きなわけではないですが)

f:id:birdcrown:20181102143253j:plain

↑2018年7月29日撮影のせな。

しかしそんなましろも、せなに求愛されると悪い気はしないらしく、愛人の立場を受け入れようとするところがあります。

ましろ自ら、せなに対して交尾体勢を取って「どうぞ」とすることがあります…(ノ∀`)

そうされるとせなもそこまでその気じゃなかったのか、据え膳は食わぬ、なんですよね。

なので大事には至ってませんが(ほんとうにせなとましろが交尾したられんげだけじゃなくわたしもショックです)、最近のましろは発情中なのでちょっとせなにちょっかいを出されたらすぐその気になってしまいます(;´∀`)

f:id:birdcrown:20181102144338j:plain

アジアジしながらしつこく追いかけてくる翠には見向きもしないのに(笑)

(翠はまだ性成熟してないと思うのでそのほうがいいのですが)

翠ちゃんは今日で生後5ヶ月。

先住オカメは後から新しいオカメインコがやってくると最初はびびったりするんですが、翠の場合はみんなまったく怖がることがなかったです。

凪をお迎えした時はせなだけは凪に興味津々で近くに来て様子をうかがってましたが、れんげやましろは凪を若干怖がってました。

凪の気が強いこともあり、凪が近くにいると逃げたりしてましたが、翠の場合はむしろれんげやましろから近寄ってくることもあります。

f:id:birdcrown:20181102150202j:plain

↑2018年9月4日撮影の凪ちゃん。

それはやっぱり凪と翠の性格の違いかなと思います。

翠はとっても平和的で自分から怒ったり攻撃したりすることがまったくありません。

だからほかのオカメも安心できるのかなと思います(*^ω^*)

凪ちゃんは年下&新入りにも関わらず、ほかのオカメに容赦なかったですからね(笑)

でもそれは凪ちゃんがほんとうは臆病で自分を守る為だったのかなと思います。

人に懐かなかったのも、ほんとうに信頼していいのか怖かったのかもしれません。

だから凪のペースでゆっくり仲良くなっていけたらいいなと思ってたのに…

f:id:birdcrown:20181102150931j:plain

やっぱりまだまだ凪の可愛くて元気な姿を見ていきたかったです。

凪ちゃんは懐いてなかったけど、ただそこにいてくれるだけでほんとうに愛しい子でした。

そこにいてくれるだけでよかったのです。

ほんとうにほんとうに大きな存在でした。

凪の代わりはどこにもいないと思います。

ほんとうに生まれ変わりがあるならまた会えたらうれしいけど、、、

それでも凪ちゃんは凪ちゃんだけだったと思います。

ほんとうにかけがえのない存在でした。

ほんとうに思ってもない別れでした。

ただただ会いたいと思ってしまいます。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村