星を探して

大切な人との楽しく幸せな日々、5羽の愛するオカメインコ、大好きなコスメなどについて綴ってます。詩も載せていましたが現在は書いていません。

翠ちゃん、病院に行きました

一昨日の朝、翠(スイ)がいきなり吐きました。。

それまでいつも通りすごく元気だったのに、わたしの頭にのってた翠が吐いたのがわかりました。

彼に確認してもらうと、わたしの髪に吐いたものがついてるのがわかって。

それからしばらく吐くのが止まらなくて、未消化のシードを吐き散らしてしまいました…。

とりあえず保温したほうがいいと思い、ケージに戻すといつもの定位置でじっとして目を閉じて辛そうな顔をしてて。体も震えてました。

f:id:birdcrown:20190105164840j:plain

↑2018年11月17日撮影の翠ちゃん。

動物病院がやってないか調べるとやっぱりどこも4日からの営業でした。

去年の凪やましろのことがあったので、わたしも彼も不安になりました…

けど、翠の場合は吐く以外はまったく何も変わったところはなく。

目を閉じて震えてたのも少しの間だけでそれ以降はいつものように元気にしてました。

食欲もあってむしろ食べ過ぎ?と思うくらい、食べ続けることも。

鳥や動物は具合が悪くてもそれを隠すというのもあると思いますが…

f:id:birdcrown:20190105165949j:plain

オスの求愛行動である吐き戻しの可能性も考えましたが、翠は撒き散らしてしまってるので違うだろうと思いました。

見てると翠自身も「あれ?なんか出てきちゃう」という感じで口の中にこみ上げてくるのもわかりましたし…

吐いたあとも出てしまった分を取り戻すかのようにガツガツ餌を食べる翠。

食べ過ぎを疑った彼はそれを止めたりもしました。

そして昨日は朝から翠を動物病院に連れて行きました。

凪とましろを診てくれた院長とは別の先生が診てくださいました。

カルテがあるので凪とましろが亡くなってることは知ってくださっていました。

f:id:birdcrown:20190105170945j:plain

↑2018年12月19日撮影。毛布をかけてるわたしの膝にいる翠ちゃん。

先生にも「吐き戻しではないですか?」と聞かれましたが違うと思うと答えました。

先生は翠の全身を触診して、「そのうはブヨブヨしてないので大丈夫」というようなことを言ってくださいました。

先生に保定されてあちこち触られてる翠はビャービャー怒ってました…(笑)

糞便検査もしてくださいましたが、それもまったく問題なしでした。

インコの有名な病気(菌)、「メガバクテリアがいないか」と言っていましたが、大丈夫だったようです。

今のところはなんとも言えないという感じで、とりあえず薬を飲んで様子を見ましょうと言われました。

f:id:birdcrown:20190105171652j:plain

その結果で、注射での治療をするか、また入院して治療をするか考えましょうと。

薬は10日分で、薬が終わる前にまた来るように言われました。

今のところは緊急性もなく重篤などと言われなくて少し安心しました。

正直、今回はいざとなったら遠くても横浜の有名な小鳥の病院に連れて行くことも本気で考えました。

そこでは術前検査の結果にもよると思いますが、小鳥の手術もしてるそうなので。

ましろをそこに連れて行って診てもらえたら、肺炎性後部食道閉塞の手術もしてもらえたかもしれないと少し後悔もあります。

f:id:birdcrown:20190105172800j:plain

↑2017年8月16日撮影のましろと見切れてるれんげ。

それか、同じ県内にある小鳥の診療にも強いと思われる病院に連れて行くか…

そこもうちからだと高速に乗って鳥にとっては長旅になります。(長野県は広いですからね)

鳥の体力によっては長距離は難しいと思いますが、助かる可能性があるなら詳しい先生に診て欲しいと…

ほんとうは宮城にある有名な小鳥専門病院に行けたら一番いいんですけどね。

さすがに遠すぎて鳥にも負担になってしまいますから、、、

けど、今のところ翠はいつもの病院でいただいた薬を飲ませて様子を見て大丈夫かなと思ってます。

f:id:birdcrown:20190105173556j:plain

昨日の朝から今まではまったく吐いてなくて。

いつも通りものすごく元気な様子です。

一昨日吐いた時も、凪やましろと違って、ネバネバした粘液は出てこなくてほんとうに食べたばかりのシードだけそのまま出てくるという感じでした。

まだ気は抜かずにしっかり様子を見る必要はありますが、重病ではなさそうでよかったです。

病院に着いた時、翠はプラケースの中でピィーピィー騒ぎ出して、待合室に翠の鳴き声が響き渡りました…(笑)

お正月明けで一昨日は患者さんでいっぱいだったのですが。

その時、鳥は翠だけだったようで鳴いてるほかの動物はいなかったです(笑)

f:id:birdcrown:20190105174804j:plain

↑2018年9月6日撮影。出窓にいる凪ちゃんとれんげ、見切れてるましろ

病院に連れて行く時はプラケースを布で覆って移動してるので、翠が周りを見ることも翠が見られることもないのですが。

布をめくって翠にわたしの顔を見せると少し落ち着くので、待ってる間、プラケース越しに翠に指を当ててました。

18年ほどオカメインコを飼ってますが、こんなにオカメインコに何かあったことがなくて…

20歳から飼ったルビーちゃんは6年ほどで亡くなってしまったのはありますが、去年からあまりにも。。。。

なので、翠が吐いた時、彼が「俺のせいかな」と漏らしました(>_<)

f:id:birdcrown:20190105180538j:plain

わたしから見て彼に問題があるとは思えませんが…。

むしろ、いろいろ気をつけてくれてると思います。

オカメインコに悪いものや悪いことをネットで調べてたりもしてくれてますし。

今の家に引っ越してきてからオカメインコに何かあるような気もしてしまうのはありますが、彼のせいではないですね。

うちに迎える以上、その子を幸せにしたいので、翠にはできる限りのことをしたいと思います。

ちょうどまだ生後7ヶ月になったばかりの翠ちゃん。

無事に1歳の誕生日を迎えてほしいです。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村