星を探して

大切な人との楽しく幸せな日々、5羽の愛するオカメインコ、大好きなコスメなどについて綴ってます。詩も載せていましたが現在は書いていません。

ましろと凪にそろって会えました

今朝、ましろと凪ちゃんの夢を見ました。

ほんとうは夢じゃなくて現実のことだと思ってたのですが、残念ながら夢でした。

結果的に夢だったのですが、鳥かごの中に、ましろがいたのです。

止まり木にとまって羽繕いをしてるましろの姿を見つけて、そばにいた彼に「ましろがいるよ!!!」と言いました。

f:id:birdcrown:20190119173909j:plain

↑2016年4月14日撮影。ましろとれんげ、鳥かごの中に蛍(ほたる)。

続けてとなりの鳥かごには凪ちゃんがいることにも気づき、「凪ちゃんもいるよ!!」と言いました。

彼もとても驚いていましたが、「やっぱりここに遊びに来てたんだね」と言いました。

わたしは「帰ってきてくれたんだね」と嬉しくてたまらなくて彼と抱き合い、涙が出そうな思いでした。

だけど一度そこで夢が覚めてしまったんだと思います。

まだ睡眠は続いててまた同じ夢を見ました。

f:id:birdcrown:20190119174505j:plain

鳥かごの中にましろと凪がいるのをもう一度確認したわたしは彼に「これ夢じゃないよね?現実だよね?」と聞きました。

ほんとうは夢だったのですが夢の中の彼は「夢じゃないよ」と言ってくれました。

現実だと思ってとても嬉しくて安心したのに…

やっぱり夢でしたね。目が覚めてとても残念な気持ちになりました。

ここ何日かましろのことを強く思って泣きそうになってしまう自分がいました。

まっすぐに甘えてきてくれるましろの姿がもうないことが、どうしようもなく寂しくて。

f:id:birdcrown:20190119175251j:plain

↑2018年8月15日撮影の凪ちゃん。ソファの下にもぐろうとしてるれんげも。

凪ちゃんが成長してる姿も見たかった。

懐いてなくてもあんなに可愛くて、いてくれるだけで癒やされる凪ちゃん。

ましろも凪も今でもいてくれたら…と考えていたので、夢だったけどほんとうに遊びに来てくれたのかな。

ましろと凪がそろって夢に出てきてくれるなんて。

現実じゃなかったことは残念だけど、夢でも会えてうれしかったです。

2羽とも鳥かごの中で伸び伸びとしていました。

f:id:birdcrown:20190119175920j:plain

最初は夢の中でほんとうに現実だと思ってたので、現実に亡くなった子たちがいたことにとても驚いたんです。

その驚きがリアルすぎて。。。

だけど嬉しさのほうが勝ってました。

実際、亡くなってしばらくは驚いても怖くてもいいから、どこからか帰ってきてくれないかとほんとうに望んでましたし。

これは母が亡くなった時も同じ思いだったんですけどね。

母なら幽霊でもいい、怖くないって思ってました。

f:id:birdcrown:20190119180924j:plain

↑2019年1月9日撮影のれんげ。

昨日は結婚式の前撮りだったんですが。

撮影後、お義母さんが車の事故に遭われたことを知って…(>_<)

状況としては、4台を絡む玉突き事故で、お義母さんの車は前から1台目で、2台目の車に後ろから突っ込まれたのですが、2台目の車も3台目の車に後ろから突っ込まれたと。

その3台目の車は2台目の車に突っ込んだあと、跳ね返されてすぐ後ろの4台目の車にも当たったというのです。(まだそれ以上の詳しいことはわかりませんが)

お義母さんは信号待ちで停まってただけなので、非はありません。2台目の車も。

f:id:birdcrown:20190119181955j:plain

お義母さんは外傷はなかったものの、首が少し痛いとのことで救急搬送されたと。

検査の結果は何も問題なかったとのことで幸いでしたが、撮影後、お義母さんのもとへ向かいました。

ちょうど大阪で仕事があるお義父さんをお義母さんが駅まで送られたあとの事故だったので、お義父さんはいなくて。

彼ではなく尼さんに連絡をしたお義母さん。

お義母さんは携帯を持ってない方なので、すぐに彼の番号がわからなかったのでしょうか。

お義母さんは尼さんとはちょうど約束をしてたこともあり、連絡を受けた尼さんが搬送された病院に行ってくださり、付き添ってくれていました。

f:id:birdcrown:20190119182820j:plain

↑2018年12月25日撮影。彼の膝にいる翠(スイ)をわたしがカキカキ。

彼に連絡をしてくれたのは尼さんだったのです。

検査後、尼さんがお義母さんを自宅まで送ってくださっていて、わたしと彼は自宅でお義母さんと会いました。

お義母さん、今までわたしは見たことのない大きなショックを受けてる顔をされていて、外傷はないものの、なぜかわたしが胸が痛くなりました…(T_T)

お義母さん、気丈に振る舞われていましたし…

わたしと彼と食卓に座ったら、少し表情も戻り、事故の時のことを話してくださいました。

f:id:birdcrown:20190119183820j:plain

いつもはご両親に対しては無愛想な彼ですが、彼もお義母さんのことをすごく心配してるのが伝わってきました。

ぶっきらぼうではありますが、気遣ってもいました。

お義母さん、胃の調子も良くないとのことで「今日はもう休む」と言われていましたが、彼が「なんか食べて」とお義母さんの夕食を作ろうと台所に。

わたしも「いつでも食べられるように作っておきます」と言い、一緒に台所に立ち、うどんを作りました。(ほとんど彼が作ってくれましたが)

ほんとうは泊まっていけたらよかったのですが、彼が「インコが凍えるから」とわたしと彼は家に帰ることに。

また前撮りのことも含め、今度書きたいと思いますが、お義母さんの事故、ショックでした。

だけど大きな怪我がなくてほんとうに幸いだったと思います。


にほんブログ村 家族ブログ 新婚夫婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村